菅野一勢 ホットライン
菅野一勢 ホットライン

日本では、子どもが学校に通うことは当たり前です。

学校に通い読み書きや計算を覚え、さらに高度な教育を受けることもできます。
しかし、日本では当たり前の教育システムも、海外では成り立っていない国もあります。

世界の最貧国とされるバングラデシュも、教育が成り立っていない国です。

その日の食べる物を買うお金もないので、バングラデシュの子どもたちは小学校に通わずに働いています。

そのため、基本的な読み書きや計算をできる子どもはバングラデシュには少なく、
そのことが最貧国である理由になっています。
日本のインターネットビジネスで活躍する菅野一勢氏は、
そんなバングラデシュの子どもたちに教育の場を提供しています。
菅野一勢氏は小学校設立を行ない、子どもたちに教育を受ける機会を提供することによって、
少しでもバングラデシュの教育水準を引き上げるサポートをしているのです。
菅野一勢氏が行なう小学校設立のような事業は、利益を得られるわけではありません。

利益重視の経営者が多い昨今では、菅野一勢氏の行動は非常に珍しいと言えるでしょう。
しかし、利益を社会に貢献していくことにより、世界はもっと豊かになることができます。

菅野一勢氏が行なうバングラデシュでの小学校設立は、世界を豊かにするための事業です。